ホームページ制作

【WordPress】一番最初に入れておきたいプラグイン4選!!【随時更新】

  • 閲覧数:39

WordPressには、無料で公開されているものだけでもおよそ6万個のプラグインが存在します。

プラグインとは、例えばホームページに掲示板機能や良いね機能をつけるというような、後からどんどんと拡張できるような仕組みのことです。

でも、ホームページ始めたての頃は特に、6万個の中ならどのプラグインを入れたらいいか分からないですよね?

そこでこの記事では『とりあえず最初に入れておくべきプラグイン』を紹介します!

Akismet Spam Protection - アンチスパム

Akismetは、『スパム』と呼ばれる悪意のあるコメントや問い合わせをブロックするためのプラグインです。

このプラグインは、導入するだけで特別な設定は不要で、コメントにおけるスパム行為(個人情報を抜き出したり、ウイルスに感染させることを目的とした書き込み)をブロックしてくれます。

さらに、お問い合わせフォームを実装するためのプラグインである『Contact Form 7』とも連携することができ、迷惑な問い合わせもブロックすることが出来るのです。

導入にはアカウント登録が必要ですが、基本的に無料で使えるのでとりあえず入れてみるという感じでも良いと思います。

WP Multibyte Patch - 日本語強化プラグイン

WP Multibyte Patch は、WordPress内で使用される日本語名ファイルの英語変換や、全角スペースを良しなに半角にしてくれるなどをしてくれるプラグインです。

そもそもWordPressは英語圏で誕生したことから、基本的に英語で使用されることを想定しています。

もちろん最新のWordPressならほとんど日本語にも対応していますが、まだまだ各所には日本語を使ったために発生するバグが潜んでいる可能性があります。

ですので、必須というわけではないですが、入れて損はない。そういったプラグインになっています。

EWWW Image Optimizer - 画像の自動リサイズ

画像の多いサイトって、楽し気で良いですよね。

でもたとえばスマートフォンで撮影した写真は、機種にもよりますが一枚で数メガバイトのファイルサイズになっていることも多いです。

もしそういった画像をそのままWordPress内に設置してしまうと、ホームページがとても重くなったり、データベースの容量を圧迫してしまいます。

EWWW Image Optimizerは、投稿や固定ページに張り付けた画像を、自動で設定したサイズに縮小してくれます。

もし自分で画像を編集するのが面倒だとか、縮小する方法が分からない方は必ず導入するようにしましょう!

SiteGuard WP Plugin - セキュリティの向上に!

WordPressは世界で一番人気のあるブログシステムですが、その分、世界中のハッカーに標的にされる危険性があります。

例えば、適当なパスワードをログインできるまで入力し続ける『ブルートフォース攻撃』や、パスワードを使いまわすことで起きる『パスワードリスト攻撃』があります。

そういった攻撃を未然に防ぎ、もし起こった場合すぐに知らせることが出来るプラグインが『SiteGuard WP Plugin』です。

WordPressにはセキュリティに関するプラグインが大変多く出回っていますが、このSiteGuard WP Pluginは人気が高く信頼できるプラグインです。

「何から対策したらいいのか分からない!」という方は、ひとまずこのプラグインを入れてみてはいかがでしょうか?